バディフットボールクラブ福岡

株式会社エスキューブド

チームの応援スポンサーになってくださった株式会社エスキューブド様をご紹介します。

地域のアマチュアサッカーチームが厳しい状況とは知らなかった。

株式会社エスキューブド代表取締役の若松克己 様
支援に至った経緯について

ーーースポーツチームを支援しようというお気持ちになった経緯をお聞かせください。

若松代表取締役社長
アマチュアスポーツの現場が今厳しい状況になっていることは話を聞くまで知りませんでした。

なので、「困っているスポーツチームがある」と言われても、最初は正直どういう話かわからなかったです(笑)

お話を伺って、皆さんの状況はよくわかりました。特にスポーツが好きな子供たちの活動する場は今後も変わらずにあるべきだと思いました。

ーーーバディFCには特に接点があるというわけではないとのことですが、バディFCを支援しようと決めたのはなぜでしょうか?

何より地元の筑紫野市で活動されていることが大きな要因でした。

筑紫野市にはもうかれこれ40年以上住んでますし、現在のオフィスに移転する前は筑紫野市の自宅を事務所にしていましたから。

そんな筑紫野市で、スポーツしたい子供たちの活動の場が失われてしまうとしたら、それは非常に残念なことです。

筑紫野市は大変住みやすい街なのですが、福岡市よりも企業の数が多いわけではありません。地元で活動しているチームを支えられる企業は福岡市ほどいないのではと考えました。

会社規模的に大々的な支援をすることこそ難しいのですが、少しでも地元への貢献・応援という意味合いでチームの支えになれたらと思い、今回支援させていただくことに至りました。

子供たちが楽しめる場は大事にするべきだ

ーーー最後にチーム・アマチュアスポーツへの応援メッセージがあればお願いします。

私自身、幼少の頃に剣道をやっていた経験があります。

礼に始まり礼に終わるというような学びの場であるのは勿論ですが、上下関係のような縦のつながり・共に切磋琢磨する仲間との横のつながりも人生において非常に大切なことだと実感しました。

そういった経緯もあるので子供たちが楽しめる場は大事にするべきだと思っています。

そのような場を提供しているアマチュアスポーツの現場の皆さんには今後も頑張っていただきたいですし、子供たちには活動が再開した時には怪我無く、楽しくスポーツに取り組んでもらいたいです。

株式会社エスキューブドのご紹介

株式会社エスキューブドは、2006年に「中小零細企業の情報化の推進」を目的として設立されました。
ソフトウェアの開発・製造・販売・賃貸・保守管理業を中心に様々な関連事業に取り組んでいます。
近年を代表する開発実績例としては、事業系ごみシステム、犬鑑札管理システム、郵便請求システム等があります。

また、福岡教育大学付属幼稚園様に通園されている園児の健康管理のために入退館時に体温を計測できるサーモカメラシステムの設計・試作や二酸化炭素や有機ガスの濃度を計測・通知するIOT機器の開発も行っております。

 

 

※二酸化炭素濃度や有機ガスの濃度を計測・通知するIOT機器。酒蔵などで作業している方に危険性を通知。

民間企業から地方自治体や大学まで幅広いニーズがある企業

主な事業として
・システム・エンジニアリング・サービス(SES)
お客様先に常駐し、システム開発/運用/保守のサポート。
「ソフトウェアの開発支援」「ITインフラの設計/構築」「保守サポートの業務支援」
・ソフトウェア受託開発
お客様の要望に応じてITシステム(クラウドシステム)の設計/構築/保守
・インフラ設計/構築受託サービス
お客様の要望に応じてITシステムに必要なハードウェアの見積もりからパラメータ設計、構築
・IoT機器の設計・試作サービス
お客様の要望に応じてIoT機器の設計から試作
を承っており、民間企業から地方自治体・大学まで幅広いニーズがある企業です。

株式会社エスキューブドについての詳しい詳細はこちら

会社情報

株式会社エスキューブド
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目4番13号 九州DKビル5F
電話番号:092-707-3378
株式会社エスキューブドHP

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE